ブルーレイ修理

私が子どもの頃、ビデオカメラを持っている家庭は少なくて、お金持ちの家、またはものすごく親に愛されている家庭なんだなぁ、という印象でした(^^)

中学くらいの時だったかな?

自宅にあるビデオデッキ、ベータか、VHSかみたいな小競り合い?(笑)もありました。

分かる人にはわかる話題です(笑)

 

今やすごくお手軽に携帯電話で写真もビデオ動画もとれちゃう時代!

技術の進歩ってすごいです。


アナログがデジタル化してビデオデッキもDVDになり、今はブルーレイが主流ですね。

2番組同時に録画できたり、再生しながら録画できたり、昔では考えられなかった

便利な機能がたくさんついています。(^^♪


ビデオテープやDVD、ブルーレイの盤に入れなくても本体にたくさん録画できるので

その機能を愛用されている方がたくさんいます。

が、ここで落とし穴が…。


基本的に家電製品は急に壊れます。

もちろん少しずつ予兆がある場合もありますが、ある日突然電源が入らないことも珍しくありません。

そして使用頻度にもよりますが、その日は割と早くやってくることが…

家電買ったら10年は持つでしょ!とはいかないんです…


ビデオが壊れた!とよくご相談いただくんですが、

「本体に大事な動画を取っているの!なんとかして!」

という方がけっこういらっしゃるんですね(*_*;


大好きなアイドルの大事な公演とか、こどものハレの日の想い出動画とか…


それを聞くと「そいつはてぇへんだ!!」とこっちも思うんですが、

何とかなる時とならない時がございまして…(@_@;)

メーカー修理でも中のデータの保証はありません。


皆様、どうか大事なデータは別のものに取っておきましょう!!

ブルーレイ盤とか、USBとか…

パソコンとかブルーレイの本体のみに保存するのはお勧めできませんのでご注意くださいね☆


写真は最近お預かりしたレコーダーを分解修理しているところです。

これは運よく中のデータは無事でした(^_-)-☆









12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示