カラカラの冬


乾燥が気になる冬、部屋の湿度計を見ると30度くらいになっていて、顔が引きつってしまうほどカッサカサ‼︎

エアコンをつけると乾燥は更にひどくなり、

気をつけないと、娘も乾燥からくる痒みからバリバリかいてしまい、肌が傷だらけになってしまいます(^-^;

乾燥は肌へのダメージだけでなく、インフルエンザなどのウイルスの活動が活発になったり、大火事の原因にもなってしまいます。


我が家ではダイニチのハイブリッド加湿器が毎日大活躍です。

リビングは広すぎるので、湿度を上げるのに少々時間がかかりますが、寝室はあっという間に適湿の60度に上がります。

以前は夜中喉が渇いて張り付いてしまう感覚で目を覚ましていましたが、今は朝までぐっすりです(^ ^)

湿度が上がり、外との気温差で結露が出ますが、朝窓を開けるとあっという間に渇いてしまいます(@_@)


ちなみに加湿器には

超音波式 スチーム式 気化式 ハイブリッド(2式を併せ持っている)があります


雑貨屋さんなどでよく見かける、お洒落で安価な物は大抵超音波式です。

白い霧を吹き出していて、潤いそう〜と感じますが、実際には加湿能力はあまり高くありません。

霧があたる周辺が水浸しになってしまうことも多々あり注意が必要です。

ただアロマが使えたり、安価なのにお洒落なデザインが多かったり、お部屋のイメージを壊したくない、お金をかけたくないといった方には魅力的です。

消費電力も少ないです。


次に気化式。

水を含んだフィルターに風を当て加湿します。

安全性は高いですが、加湿にはやや時間がかかります。

消費電力は少なめです。

フィルターはこまめにお手入れする必要があります。


スチーム式

やかんでお湯を沸かした蒸気でお部屋を潤す、あの原理を利用した物です。

素早く加湿し、熱を使うので、衛生的です。

ただし、消費電力が大きく本体価格も高めです。

吹出し口が熱くなるので、小さいお子様のいらっしゃるご家庭には注意が必要です。


ハイブリッド式

気化式とスチーム式のいいとこどりを狙った物です(^_^)

湿度が低い時は温風を送り湿度が高くなるとヒーターを切り気化式加湿を行います。

それによってより早く加湿しつつも消費電力を抑えることが出来ます。

ただし気化式と同じくフィルターのお手入れは欠かせません。


また、空気清浄機に加湿機能のあるものもあります。

ご家庭のニーズによって選んでみてください(^_^)♪

わからない、カタログが欲しいなどのご相談は当店までお気軽にどうぞ!






4回の閲覧

© 2018ノグチ電器・Wix.comを使って作成されました